セレナ

日産自動車は4代目となる新型『セレナ』をフルモデルチェンジし発表した。

このエクステリアデザインについて、グローバルデザイン本部プロダクトデザイン部プロダクトチーフデザイナー大月圭介さんは、従来の商用車派生のような箱型のクルマから脱却したいという思いが強かったと語る。

そこで、「ウエストラインを傾けて、全体として後ろがすぼまり気味になるようにしています。同時にドアハンドル部分から後ろにかけてのキャラクターラインがそれを強調しているのです」と説明する。

そのイメージはカプセルだという。「例えばガラスの卵をちょっとだけ傾ける。そうするとダイナミックな動く感じになるでしょう。そういうイメージで作っているのです」と話す。「5ナンバーミニバンなので寸法的な制約は非常に大きく、『エルグランド』のように思い切って色々なところを変えることはできません。しかし、全体の流れるような感じや、卵を傾けて動くようなダイナミズムということを、いろいろなところでやっているのです」。その一例が前述のウエストラインのデザインなのである。

他にも、全体のシルエットで、「ルーフラインも少し後ろに向かって落としています。これは空力にも効いているのです。割と大きい箱があるとすると、その枠の『外側』を丸く作っているようなイメージです」。大月さんは「旧型のエルグランドやセレナはきれいな箱で、その角をきれいに丸めてという考えでしたが、実は今回はそうではないのです」とそもそもの考え方が異なっていると語った。

セレナ セレナ セレナ セレナ セレナ