5シリーズセダン

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、アクティブセーフティに寄与するオプション装備、オプション・パッケージを『5シリーズ』と『7シリーズ』に追加設定し、11月8日から販売を開始した。

今回新たに設定する安全装備は「アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)」と「レーン・チェンジ・ウォーニング」の2つ。

アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)は、先行車との距離を測定し、車間距離を維持しながら車両の加・減速を自動的に行なう従来の自動追従型のアクティブ・クルーズ・コントロール(ACC)に、渋滞などの低速走行時に車両停止までの機能を加え、運転負荷を軽減する安全装備。価格は22万5000円から。

レーン・チェンジ・ウォーニングは、運転者の死角となる左右後方の車両や、追い越し車線を急接近してくる車両を、リヤ・バンパーに組み込まれたレーダーが認識し、ドア・ミラー内側に組み込まれたインジケータを点灯/点滅させ、運転者に警告する装置。ターン・インジケータ作動中に車線変更を行おうとしている場合、ステアリング・ホイールの振動により注意を促す。価格は10万円から。

また、これら2つの安全装備に、走行車線からの不意な逸脱を警告する「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」を加えた「アドバンスド・アクティブ・セーフティ・パッケージ」をオプションで設定。

このほか、アドバンスド・アクティブ・セーフティ・パッケージに、夜間の運転をサポートする歩行者検知機能付の「BMWナイト・ビジョン」と、ドライビングに必要な様々な情報をフロント・ウィンドー・スクリーンに映し出しドライバーが常に前方の道路状況に集中しながら安全運転に寄与する「ヘッドアップ・ディスプレイ」を加えた「イノベーション・パッケージ」を設定する。

BMWのフラッグシップ・モデルである「760Li」にはアクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)を標準装備する。

7シリーズ