ニッパツは8日、タイに自動車用シートの生産拠点を新設すると発表した。現地の需要拡大に対応する。

新工場はタイのラヨーン県イースタンシーボード地区に建設し、2011年10月に稼働する。約11億円を投資し、2012年に約62億円の売上高を目指す。現地子会社、日本発条(泰国)有限公司(タイニッパツ)が運営する。

タイニッパツは自動車用懸架ばね、自動車・情報通信向けの精密機器のほか、自動車メーカー各社にシートやシート構成部品を供給している。今後のシートの需要拡大に対応し、新たな生産拠点を新設する。