インテルラゴス・サーキット

混沌としたチャンピオンシップ争いが続く2010年のF1。ファイナルまでの1/2グランプリとなるブラジルGPでは、レッドブル勢が今季4度目となる1・2フィニッシュを達成し、チーム創立からわずか6年目にして初のコンストラクターズチャンピオンシップを獲得した。

前日の雨がらみの予選でポールポジションを獲得したのは、今年グランプリデビューを果たしたニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)だった。しかしドライとなった日曜日の決勝で1コーナーを真っ先に奪ったのは予選2番手からダッシュしたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)だった。

ドライバーズチャンピオン争いにおいてチームメイトにも負けられないマーク・ウェバー(レッドブル)は、すぐさまリヤの挙動が安定しないヒュルケンベルグをパスしたが、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)は数周に渡ってルイス・ハミルトン(マクラーレン)とポールポジションスタートのウィリアムズに引っかかってタイムをロスしてしまった。

レースはベッテル、ウェバーのレッドブル勢が3位以下をどんどん引き離して磐石な体制を築いていく。しかし50周目前後に発生したビッタントニオ・リゥッツィ(フォースインディア)の激しいクラッシュによってセーフティーカーが介入し、後続に対し築いていた大量のマージンが無くなってしまう。

残り20周弱、トップのベッテルを追い詰めたいウェバー、そしてあわよくばウェバーの前でフィニッシュしたいアロンソの思惑などが交錯したが、ベッテルは最後までレースをコントロールして今季4勝目をマーク。

最終戦アブダビGPを残してドライバーズチャンピオンシップは、首位アロンソ(246ポイント)。2位はウェバー(238ポイント)。3位はベッテル(231ポイント)となったが、4位のハミルトンまではドライバーズチャンピオン獲得の可能性が数字上残っている。

以下は、ベッテル、ウェバー、アロンソに続いたブラジルGPのポイント獲得ドライバー(4位〜10位)。ハミルトン、ジェンソン・バトン(マクラーレン)、ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)、ヒュルケンベルグ、ロバート・クビサ(ルノー)、小林可夢偉(ザウバー)。

ベッテル 表彰台 ポールポジションを獲得したヒュルケンベルグ