イメージ

4日午前6時30分ごろ、岩手県釜石市内にある港の岸壁から乗用車が海に転落するのを釣り人が発見。警察と消防に届け出た。地元消防が救助を行ったが、海に沈んでいたクルマの車内から発見された60歳代とみられる男女はまもなく死亡が確認された。

岩手県警・釜石署によると、クルマは加速しながら海に向かって進行し、そのまま岸壁から転落。すぐに海中へ没した。

通報を受けた地元消防が出動。事故から約1時間後に女性を、2時間後に男性を発見して引き上げたが、いずれも心肺停止の状態で、収容先の病院で死亡が確認された。所持品などから、同市内に在住する60歳代の男女とみられている。

現場は釜石市港町付近。現場にブレーキ痕は見当たらなかった。警察では事故と自殺の両面から調べを進めている。