バスロケーションASPサービス

クラリオンは、「クラリオンバスロケーションASPサービス」の早期実用化を目指して、実証実験を行う。

早稲田大学などが開発し、埼玉県熊谷市で11月6日から実証試験運行する「先進電動マイクロバスWEB-3(ワセダ・アダバンスド・エレクトリック・マイクロバス)」に搭載する。

クラリオンバスロケーションASPサービスは、クラリオンが一元管理する専用のASPサーバーを介して導入バス事業者、バス利用者にさまざまな情報を提供するサービス。導入したバスの利用者には、パソコンや携帯電話でバスの位置情報、時刻表情報、運行ダイヤ情報、接近メール配信、簡易路線地図掲示などの情報を提供する。バス事業者に対しては、運行位置確認(地図上表記)、停留所発着時分・乗降人数実績集計などの運行実績、緊急情報通報などを提供する。

公共機関の中では、渋滞や天候状況などで影響が受けやすく定時性の確保が難しいバスの利用利便性を向上したり、運行管理に役立つシステム。今回の実証試験運行期間中WEB-3利用者に運行情報を提供することで利便性の向上を図るとともに、運行データや利用者データなどを収集・分析する。

バスロケーションASPサービス バスロケーションASPサービス バスロケーションASPサービス バスロケーションASPサービス