快晴に恵まれた三宅島デンデューロレース 撮影=中島みなみ

11月6日12時20分から東京都三宅村で「WERIDE 三宅島 エンデューロレース」が開催される。「WERIDE 三宅島」は今回で4回目。開催会場を公道からオフロードに移した初めての本格的な賞金付きオートバイレースとなった。

レースには89台がエントリーした。選手とその関係者ら約190人と、同日開催されるオフロードツアー参加者35人は、6日早朝に海路で三宅島に入った。

大会の名誉会長である石原慎太郎東京都知事は午前中にヘリコプターで三宅島に入る予定。開会の挨拶の後にスタートの合図を行う。

昨年は天候に恵まれず初日から雨が降ったが、今年の三宅島は快晴だ。火山ガスの濃度を知らせる屋外放送からは、主催のNPO法人「三宅島スポーツ振興会」(築穴辰雄理事長)によるレース開催のお知らせと「島民のみなさまのご声援をお願いいたします」というメッセージが流された。

期間中は、レース会場はとなる三宅村伊ヶ谷地区の都有地「榎木沢砂防ダム内特設会場」と三宅村役場の間を、40分間隔で村営バスが特別運行し、村民にも見学しやすくなっている。

また、同日午前9時頃から10時40分頃と、午後3時20分頃から4時40分頃までの間、レース車両の移動などのため雄山林道の一部交通規制され、通行止めとなる。また、南都林道も終日通行止めになる。

表彰式は7日、三宅村阿古体育館で開催される。