会場の幕張メッセがサイクリング場に変身した

自転車の総合展示・試乗会「サイクルモード・インターナショナル2010」が5日、千葉県の幕張メッセで開幕。会場に用意された試乗コースは、最新モデルを試そうとする大勢の人でにぎわい、サイクリング場と化していた。

このイベントは、最新モデルの展示だけでなく試乗もできるのが大きな特徴。試乗を希望する人は試乗パス発行カウンターでリストバンドを受け取れば、あとは各メーカー共通で試乗車を借りることができる。

各メーカーではアンケート等の記入も不要で、順番待ちがなければ試乗車の借り出しはスムーズ。ちょっと気になるモデルに気軽に試乗することができる。メインの試乗コースは、スポーツタイプの自転車でも十分楽しめるもので、マウンテンバイク用のコースや低速コースなども用意されている。

実際にカタログなどで気になっているモデルを試乗してみたが、やはり乗ってみるのが一番ということに気付かされた。5日は開催時間が20時までとなっていたが、終了が近くなってもコースから人気がなくなることはなかった。なお、開催時間は6日は18時まで、7日は17時までとなっている。また、試乗の際には荷物は預かってもらえないので軽装で行くことをお勧めする。

会場の幕張メッセがサイクリング場に変身した 会場の幕張メッセがサイクリング場に変身した 会場の幕張メッセがサイクリング場に変身した 会場の幕張メッセがサイクリング場に変身した