鈴木久泰海上保安庁長官(5日・海上保安庁) 撮影=中島みなみ

「私どもが撮影したものかどうか、今慎重に調査している」

鈴木久泰海上保安庁長官は5日夜の会見で、こう語った。額に流れる一筋の汗が、事態の重大さを物語っていた。

撮影ビデオを保管するのは、撮影した海上保安庁と、船長の処分を下した那覇地検だ。焦点は2つ。投稿されたビデオは本物なのか。そして、本物であればどこから流出し、何者が投稿したのか。

鈴木長官は5日午前1時頃に秘書官から報告を受け、2時過ぎに登庁して対応に入った。

本庁警備救難部からは、2人の職員が沖縄県那覇市にある第11管区会場保安本部と石垣海上保安部へ、午前6時の飛行機で向かった。さらに、連絡調整と情報システムの調査のために2人の専門官が追加派遣された。

百聞は一見にしかず。動画が本物かどうかは早期に判明すると思われたが、鈴木長官の発言は慎重だった。「ユーチューブの動画も見ましたが、余り鮮明な映像ではないので、ここは私どもの担当官がきちっと見比べて調査する必要がある」。

動画の音声では巡視船の職員の名前が聞き取ることができる。冒頭には撮影者の名前もある。「そのことは確認している」。言葉の語尾は消え入りそうだった。

調査は土日返上で続け、発表できる状態になれば「すぐに公表する」というが、その目途については明らかにしなかった。

外国通信社のアジア系記者は「調査結果によっては、中国との外交関係に与える影響も想像されるが」と質問した。「海上保安庁なので答える立場にない」と話す鈴木長官だったが、13日からはAPEC首脳会議が横浜で始まる。

動画キャプチャー 動画キャプチャー 動画キャプチャー