中津川チャリティコンサート、今岡友美

富士通テンは、12月18日にチャリティーコンサート「NAKATSUGAWA MUSIC STATION vol. 1」をマジョリカ・バンブー(中津川市駒場)で開催する。

コンサートの入場料は全額、富士通テン社会貢献基金を通じて音楽活動に取り組む福祉施設・団体への楽器寄贈などの社会貢献活動に活用する。

同社はチャリティーコンサート「KOBE MUSIC STATION」を継続して実施しており、1994年にスタートして今年で17年目、10月で61回目を迎え、入場者数は累計1万人を突破した。また、2008年9月には、豊田営業所と富士通テン中部のある東海地区でも「NAGOYA MUSIC STATION」をスタートした。

同社の工場のある中津川市の住民にも、気軽に音楽を楽しんでもらう場を提供するため、今回初めてNAKATSUGAWA MUSIC STATION」を実施する。

第1部では、東海・関西地区などで演奏活動を広げる湯田大道(ギター)と、日米で演奏や作曲活動を行っている伊東亜紀子(フルート)のデュオが演奏する。

第2部では「第35回ジャズ・ディスク大賞日本ジャズ賞」などの受賞歴を持つ森山威男(ドラム)と、天性の歌声と確かな歌唱力の今岡友美(ボーカル)に、名古屋を中心に活動する片桐一篤(ピアノ)、名古屋で人気のベーシスト名古路一也(ベース)が加わり、パワフルなジャズを来場者に楽しんでもらう。

中津川チャリティコンサート