バーソS(日本名:ラクティス。バリモーターショー10)

トヨタ自動車は、2011年3月期の通期業績見通しを上方修正した。

連結販売台数は前回予想よりも3万台増となる741万台に上方修正した。内訳は北米は8万台マイナスの209万台となるものの、アジアが8万台増の123万台、日本が2万台増の199万台、欧州が1万台増の123万台となる見通し。

売上高は為替換算の影響のため、前回予想よりも5000億円マイナスの19兆円に下方修正した。

収益では、前回予想よりも為替差損で1200億円の減益効果を見込むが、新車販売増加などで1200億円、諸経費の低減で400億円などの増益効果から、営業利益は500億円増の3800億円、税金等調整前当期純利益が300億円増の4100億円、最終利益が100億円増の3500億円となる見通し。