リーフ

日産自動車は、同社の本社のある横浜で開催されるAPEC(アジア太平洋経済協力機構)のリーダーズウィーク(11月7〜14日)に合わせて開催される展示事業「JAPAN EXPERIENCE」と、みなとみらい21地区での官民プロジェクトの展示・デモンストレーション会場に電気自動車(EV)『リーフ』などを出展すると発表した。

リーフは、同地区での展示やデモンストレーション会場に展示する。

また、日産は横浜でのAPEC開催を機に各種プログラムにも協力する。11月9日には、日産グローバル本社で、外務省とシンガポール青少年達成賞委員会(NYACC)が主催するAPEC青年交流事業の開会式が行われる。この一環として、「Together, we can build a zero-emission future」をテーマに、EVや持続可能な社会に向けた取り組みについてのプレゼンテーションやパネルディスカッションなどを実施する。プログラムには日産の川口均常務と渡部英朗執行役員が出席し、APEC参加国・地域から参加する青年約100人と意見交換を行う。

さらに、日産のグローバル本社では11月11日に、横浜市の主催するAPEC開催記念シンポジウム「女性の社会進出が支える持続可能な発展」が開催される。「環境と経済の調和」、「先進国と発展途上国の連携」、「次世代への継承」などをテーマに、女性の果たす役割についてパネルディスカッションを行う予定で、日産の星野朝子執行役員が参加する。