日産ジューク

愛知機械工業が発表した2010年9月中間決算は、経常利益が前年同期比115.1%増の40億5700万円と大幅増益となった。

売上高は同27.7%増の578億7200万円となった。日産自動車の国内・欧州むけの『ジューク』、欧州向けの『キャシュカイ』、中近東向け『アルメーラ』のエンジンが増加した。マニュアルトランスミッションも輸出用『ピックアップ』、欧州向けキャシュカイのほか、マレーシアのプロトン向けトランスミッションも増加した。

収益は売上げの増加、コスト低減の効果で、営業利益は同114.4%増の40億6300万円、当期純利益が同116.0%増の23億7400万円となった。

通期業績見通しは、売上高が同12.8%増の1140億円、営業利益が同10.5%増の55億円、経常利益が同11.5%増の55億円、最終利益が同7.8%増の31億円となる見込み。