丸紅は、チリのリチウムメーカーでリチウム生産量世界トップのSQMと、2位のドイツのケメタル、チリ大学と共同で、チリに「リチウム機構」を設立することで合意したと発表した。

リチウム機構の出資比率は、丸紅が19%、チリ大学が33%、SQMとケメタル社がそれぞれ24%。丸紅は4000万ペソを出資する。

チリはリチウムの世界最大の産出国。リチウムは、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド(PHV)に搭載される主流の電池になると見られるリチウムイオン電池の原料になる。

今回、産学共同によるリチウム機構を設立してリチウムイオン蓄電池を始めとするリチウムの応用製品の研究開発を加速していく方針。今後、同機構が中心となって産官学からの参加を募り、研究開発と商業化を展開していく。

丸紅は、リチウム応用製品に関する技術の紹介など、リチウム機構の窓口的機能を通じて同機構の活動を支援する。こうした活動を通してチリでのリチウムを活用した発展に貢献、リチウム資源を安定的に調達するルートを確立する狙いがあると見られる。

丸紅は、チリの日産自動車の総代理店となっている。今回のリチウム機構への出資参画に先立ち、昨年12月には、チリでEVを普及させるために必要なインフラとテクノロジーの導入評価に関する協定書に調印している。