ジープ グランドチェロキー

クライスラーグループは3日、10月の米国新車セールスの結果をまとめた。総販売台数は9万0137台。前年同月比は37%の大幅増で、7か月連続のプラスを維持した。

10月販売の結果をブランド別で見ると、「クライスラー」が前年同月比29%増の1万6547台、「ジープ」が111%増の2万8480台、「ダッジ」が3%増の2万7020台、「ラム」が37%増の1万8090台だ。

クライスラーブランドでは、ミニバンの『タウン&カントリー』(日本名:『グランドボイジャー』)が、前年同月比18%増の8459台と牽引。『300』(日本名:『300C』)も、79%増の5211台と好調だ。

ジープブランドでは、新型『グランドチェロキー』が前年同月比291%増の1万2721台と躍進。『ラングラー』は49%増の7908台、『リバティ』(日本名:『チェロキー』)は、46%増の3968台を売り上げる。

ダッジブランドでは、『キャリバー』が前年同月比376%増の2777台、『チャレンジャー』が33%増の3182台となるなど、人気を集めた。ラムブランドでは、大型ピックアップトラックの『ラム』が、41%増の1万7316台を販売している。

クライスラーグループの今年1〜10月米国販売は、前年同期比16.5%増の91万0357台。同社のフレッド・ディアス米国販売担当社長兼CEOは、「10月は新型グランドチェロキーを中心に販売を伸ばした」と、コメントしている。

ジープ タウン&カントリー(日本名:グランドボイジャー) ラムトラック ジープ ラングラー ダッジ キャリバー