SUPER GT部門トークショーの参加選手たち。向かって左から中山友貴、井口卓人、伊沢拓也、柳田真孝、星野一樹、松浦孝亮の6選手

「JAF Grand Prix SUPER GT & Formula NIPPON FUJI SPRINT CUP 2010」(フジスプリントカップ、11月12〜14日、富士スピードウェイ)」は、単発イベントでJAF GPというビッグタイトルを競う近年異例の形式。

これは参加各選手にとっても、日本のトップカテゴリーで、という条件をつけて考えれば、おそらくほぼ全員が初めての経験となる戦いだろう。

そこに臨む気持ちについて、3日の「Motor Sport Town Meeting Rd.3」SUPER GT(スーパーGT)の部に参加したドライバーたちに訊いた。

GT300参戦4選手のコメントは以下の通り。

星野一樹(#3/ハセミ・フェアレディZ)「シリーズチャンピオンを決めたあとの一戦、ということになりますが、チャンピオンに相応しい走りをしたい。当初はイベント的な雰囲気が強いのかと思っていましたが、やはりレースに臨む意気込みはシリーズ戦と同じ(ように高い)ですよ。賞金的にもテンションあがりますしね(笑)」

柳田真孝(#3/ハセミ・フェアレディZ)「スプリントの魅力というのが大きいレースだと思います。ドライバー交代等がない、スピードだけの勝負になると、富士ではマシン的に厳しい部分もありますが、そこをどう(いい方向に)もっていくか、ですね」

松浦孝亮(#31/apr・カローラアクシオ)「当然、みんな『勝ちたい』と思ってレースをする。いつもと(レース形式が)違うところで、セッティングをどうするか、というような細かい話にもなるだろうけど、基本的には究極のスピード勝負でしょう」

井口卓人(#74/apr・カローラアクシオ)「個人的には(SUPER GT)シリーズ最終戦のリベンジをしたいですね。Fニッポンとのダブルエントリーで、GT300とはスケジュール的にかなりタイトなようですが、そういうことも含めて楽しみたい、とも思います」

今回はGT500とGT300が別個のレースとなるため、混走のアヤはなくなる。しかも、シリーズ戦とは違うスタンディングスタート。GT300単独レースで、いつも以上に注目度も増すなか、どんな戦い模様が展開されるのか? 大いに楽しみなポイントだ。

爆笑のSUPER GTトークショー。向かって左から伊沢、柳田、星野、松浦の各選手 “モンキーボーイ”が愛称の井口選手には、突然バナナ・パフォーマンスの要求が? 豪華賞品を競うジャンケン大会(SUPER GTの部)