NKSJホールディングスは2日、2010年9月中間期の連結業績予想を上方修正すると発表した。中間純利益は従来の90億円から241億円に、経常利益も170億円から388億円にそれぞれ引き上げた。

子会社の損害保険ジャパンおよび日本興亜損害保険で、自然災害による発生保険金が当初予想を下回る見込みであることなどが修正の主な要因。通期の業績予想については現在算定中で、11月19日に予定している中間決算発表時に改めて通知するとしている。

また、米国金融保証保険会社の持株会社であるアムバック・フィナンシャル・グループが破綻申請の可能性を発表したことについて、NKSJホールディングスの業績に対する影響はないとコメントしている。