日立製作所が発表した2010年9月中間期の連結決算は、売上高が前年同期比9%増の4兆5024億円となった。エレクトロニクスや自動車関連分野の需要回復で高機能材料部門やオートモーティブシステム部門などが好調だった。

営業利益は売上げの増加、高機能材料部門・コンポーネント・デバイス部門などの改善、事業構造改革の効果で前年同期より2428億円改善して2180億円の黒字となった。

税引前当期純利益は1311億円改善して2638億円。当期純利益は2912億円改善し、2044億円と中間期では過去最高となった。

通期業績見通しは売上高が前回予想よりも1000億円増の9兆3000億円になる見通し。社会・産業システムやオートモーティブシステム事業が想定よりも伸びる見通し。

営業利益も3400億円から4100億円、税引前当期純利益は3150億円から3900億円にそれぞれ上方修正した。最終利益は2050億円を予想していたが2800億円とした。