16GT/16GT

日産自動車は、『ジューク』に新開発ターボエンジンを搭載した「16GT」「16GT FOUR」を追加し、11月2日から発売を開始した。

今回発売する16GT、16GT FOURに搭載する新開発1.6リットル「MR16DDT」エンジンは、2.5リットルエンジン並みの動力性能と低燃費を両立する。燃焼効率を向上させる直噴ガソリン機構と小型高効率ターボを組み合わせ、可変バルブタイミング(CVTC)機構を吸気側だけでなく、排気側にも搭載することで吸排気効率を向上。燃焼効率の改善やフリクション低減を行うことで、最高出力190PS/5600rpm、最大トルク240Nm/2000〜5200rpmを実現しながら低燃費性能を両立した。

4WDの16GT FOURには、従来の「ALL MODE 4×4-i」を進化させた新開発の「ALL MODE 4×4-i(トルクベクトル付)」を採用した。運転操作や走行状態に応じて後輪へ最適なトルクを配分するALL MODE 4X4-iの機能に加え、リアファイナルドライブ内の左右に搭載した電子制御カップリングにより、後輪左右の自在なトルクを配分も可能とした。

コーナリング時は後輪の外輪に大きなトルクを配分し、車両に旋回モーメントを与えることでアンダーステアを抑制する。

また、両モデルともエクストロニックCVTに6速マニュアルモードを搭載し、シンクロレブコントロールを採用した。サスペンションは16GT専用にチューニングした。リヤにはディスクブレーキを採用し、17インチタイヤとアルミホイールを標準装備する。

さらに、16GT FOURのリヤサスペンションには、後輪の接地性を向上させるマルチリンク式を採用する。

「インテリジェントコントロールディスプレイ」のドライブモードで「スポーツ」を選択すると、アクセルを踏み込んだ際、CVTがステップ変速制御し、シフトアップ感を強調した伸びのある力強い加速を実現する。電動パワーステアリングもしっかりとした操舵感となるよう制御する。ディスプレイにはドライビングの楽しさを演出するよう、ターボのブースト圧や前後G、横Gを表示させることが可能。

ボディカラーは「スチールブルー」を16GT/16GT FOUR専用色として新たに設定、全8色とする。

価格は16GTが218万9250円、16GT FOURが245万1750円。

16GT/16GT 16GT/16GT、スチールブルー(M) 16GT FOUR 16GT FOUR エクストロニックCVT-M6 シフトノブ MR16DDTエンジン ALL MODE 4x4-i(トルクベクトル付) 電子制御カップリング リヤマルチリンクサスペンション 4WDモードスイッチ メーター内ディスプレイ トルク配分表示 16GT/16GT FOUR専用ドライブモードコントロール スポーツ 16GT/16GT FOUR専用ドライブ情報 G-FORCE表示