前原誠司外相 撮影=中島みなみ

前原外相は2日の会見で、河野雅治・駐ロシア大使を一時帰国させることを明らかにした。帰国日程、及び滞在期間は未定。

再三にわたる訪問自粛要請が無視されたことへの不快感は、会見の言葉の端々ににじんだ。

「昨日、ベールィ駐日ロシア大使を召致して国後島を訪問したことは、日本の原則的立場と相容れず、国民を感情を傷つけるもので、きわめて遺憾。抗議すると申し上げた。しかも、私は9月29日にベールィ大使に、もし訪問すれば日ロ関係に大きな懸念を生じさせると伝えていた」

帰国させる理由は「ロシア国内でのバックグラウンド、政治的な背景など、すべてを大使から聞きたい」

一時帰国について対抗措置なのかと問う記者に対して、前原氏は「まずは、一時帰国して話を聞くということに尽きる」と答えたが、その措置については「総理と相談して決めた」と、述べた。

政府には、一方で日ロの経済協力を断絶させたくないという思いがある。

「長い目で見た場合、日ロ関係はしっかりと前進させて強化していかなければならないと思っている。北方四島の帰属を明確にして、平和条約を締結し、新たな協力の段階に進んでいくということが日ロ両国にとって、ウィン・ウィンの関係を築いていく上で大切」

「外相会談は常にやれる環境が大切だと思っているので、ラブロフ外相が日本の来られるのであれば、ぜひ話をしたい」と、対話のチャンネルを残した。