レガシィ

富士重工業(スバル)は、主に北米と中国の新車販売が想定以上に好調なため、2011年3月期の通期連結業績見通しを上方修正した。

売上高は前回予想よりも1200億円増となる1兆5900億円となる見通し。前年同期と比べても増収となる。

北米の新車販売見通しは『レガシィ』が好調で前回予想よりも3万2000台増の30万2000台、中国はレガシィ、『フォレスター』が好調で同3000台増の6万台にそれぞれ上方修正した。

収益は、為替差損も見込まれるものの、売上げ増がカバーするため、営業利益は430億円を予想していたが700億円、経常利益は380億円を予想していたが680億円にそれぞれ上方修正した。

当期純利益は230億円を予想していたが500億円になる見込み。