NECグループの高砂製作所は、電気自動車用(EV)用50kW急速充電器『TQVC500M3』を開発して販売を開始した。

急速充電器の新製品は、急速充電器50kWタイプの『TQVC500M2』の後継機種で、従来製品と比べて横幅を400mm縮小し、設置面積が約3分の2で済む。スペースの狭い店舗や駐車場などにも導入が可能。

また、従来製品と比べ、デジタル制御電源化や大幅な放熱性能向上など改良することで、標準価格は従来の半額程度の180万円に抑え、初期導入コストを抑制できる。

要望に応じて入力電力を20〜50kWの範囲で個別に設定できる。

2011年春から出荷開始する予定で、今後3年間で1000システム以上の販売を計画している。

製品は、11月11日、12日に東京国際フォーラムで開催される「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2010」に展示する。