クラシックカーで世界の名所を巡る、ラリーニッポン2010開催

クラシックカーで世界遺産や地域の名所を訪ねるイベント「ラリーニッポン2010」が、11月5日〜8日の期間行なわれる。第2回開催となる今年は、5日に東京を出発し、金沢を経由して約1300kmを走行し、8日に京都に到着する予定。

ラリーニッポンは、100年後の子ども達に長い歴史と伝統に培われてきた地域文化や自然遺産を伝えることを目的とした、日本ユネスコ協会連盟の「未来遺産運動」公式連携事業として、09年から実施しているもの。

「世界遺産」「プロジェクト未来遺産」で認定された地域を守るべき「宝物」とし、人間が生み出した文明の最高傑作かつ芸術作品でもあるクラシックカーでつなぐことにより、当時のエネルギーや、保存発展に携わった人々の英知などを照らし出すとしている。

また、ラリーニッポンにはBMWが特別協賛し、先導車としてBMWのハイブリッドモデル『アクティブハイブリッド7L』を提供、レースの中継地点においては、『Z8』 や『507』等のモデルを展示する。なお、レースの進捗は、Twitterでリアルタイムに配信するとともに、USTREAMにてライブ中継される。

●行程
11月5日:東京 → 横浜 → 箱根 → 山中湖
11月6日:山中湖 → 奈良井 → 高山 → 白川郷 → 能登演劇堂
11月7日:和倉温泉 → 輪島 → 金沢 → 長浜商店街
11月8日:彦根城 → 奈良 → 京都

クラシックカーで世界の名所を巡る、ラリーニッポン2010開催