イエローハットは、2011年3月期の連結決算業績見通しを上方修正した。

売上高は前回予想よりも27億3500万円増となる936億9000万円に上方修正した。上期までの業績がETC特需の反動があったものの、新車市場の好調や高速道路料金割引制度などの効果でロングドライブが増加、関連するカー用品などの販売が想定以上になる見通し。

収益でも売上げ増の効果などで営業利益が26億1200万円から33億3000万円、経常利益が30億600万円から39億1600万円にそれぞれ上方修正した。

最終利益は、連結子会社が保有する土地の減損損失を計上するが、経常利益改善などで20億3000万円を予想していたが22億3000万円となる見通し。