10月29日午前10時35分ごろ、岐阜県垂井町内にある衣料品販売店の駐車場で乗用車が暴走。車止めを乗り越え、ガラスも突き破って建物内に進入する事故が起きた。客や従業員は突入地点から離れた場所にいたため、人的な被害は無かった。

岐阜県警・垂井署によると、クルマは駐車スペースに向けて進行していたが、突然加速。そのまま正面のガラスを突き破り、建物内に約8m進入して停止した。

建物の一部が小破したが、事故当時にいた客や従業員約20人は離れた場所にいたために無事。クルマの運転者にもケガはなかった。

現場は垂井町垂井付近。警察ではクルマを運転していた同町内に在住する86歳の男性から事情を聞いているが、ペダル踏み間違えが事故の主因とみて、発生の経緯について詳しく調べを進めている。