TSテックが発表した2010年9月期の連結決算は、営業利益が前年同期の10倍以上の106億6900万円となった。

売上高は、為替換算のマイナス影響はあったものの、世界各地でホンダからの受注が増加し、前年同期比30.5%増の1829億3700万円と大幅な増収となった。

収益では、増収に伴う利益の増加、原価低減などの効果で経常利益は同527.1%増の108億0500万円、当期純利益は同379.0%増の57億2000万円と大幅増益となった。

通期業績見通しは売上高は同12.5%増の3577億円、営業利益が同104.2%増の196億円、経常利益が同78.4%増の204億円、当期損益が同77.0%増の112億円となる見通し。売上げは前回予想から微減としたが、収益は上方修正した。