フィットHV&改良モデル発表

全体相場は3日続落。円相場が高値圏の動きとなり、企業業績の減速に対する警戒感も台頭。幅広い銘柄が売られ、平均株価は前週末比47円安の9154円と9月9日以来の安値水準となった。自動車株は全面安。

ホンダが148円安の2789円と大幅続落。トヨタ自動車が47円安の2812円、日産自動車が16円安の694円と続落した。富士重工、ダイハツ工業が反落。

10月の国内新車販売台数が前年同月比26.7%減となったことで、改めて補助金打ち切りの影響を懸念する声が増えている。