ヴェイロン16.4グランスポーツ

ブガッティが、スーパーカーの『ヴェイロン』をインド市場へ投入する。そのインド価格は、日本円で約3億円となることが分かった。

これは、自動車メディア『オートモーティブニュース』が10月28日に報じたもの。同メディアによると、ブガッティはヴェイロンの「16.4グランスポーツ」をインドで発売したが、その価格は160万ルピー(約3億円)と欧米の約2倍に設定されたという。

なぜ、このような価格になるかというと、インドは自国自動車産業を育成する目的で、完成車の輸入に高額な関税を課しているから。ヴェイロンの場合、税率は110%。新車価格が2倍に跳ね上がるわけである。

にもかかわらず、インドでのヴェイロンの販売は好調だという。現地ディーラーによると、納車待ちは、現時点で6〜8か月。フェラーリのルカ・ディ・モンテゼーモロ会長も9月末、「インド市場へ2011年、『カリフォルニア』を投入する」と宣言しており、インド富裕層へのスーパーカーの売込みが、熱を帯びてきている。

ヴェイロン16.4グランスポーツ