ワゴンR

全国軽自動車協会連合会が発表した10月のブランド別軽自動車新車販売台数によると、スズキが前年同月比13.3%減の4万670台と2ケタマイナスながら6か月ぶりにシェアトップとなった。

2位にダウンしたダイハツは同18.7%減の4万160台で、スズキとは510台の僅差だった。

3位は日産で、同6.6%増の8255台となり、ブランド別で唯一前年を上回った。4位のホンダは同26.0%減の7322台と落ち込んだ。

5位は三菱自動車で同17.5%減の6333台、6位がスバルで同19.0%減の5822台、7位がマツダで同33.0%減の2505台だった。