キャンターエコハイブリッド

日本自動車販売協会連合会が発表した10月のブランド別新車登録台数(軽除く)によると、三菱ふそうを除く国産全ブランドが前年を割り込んだ。

シェアトップのトヨタは前年同月比24.2%減の10万1518台と大幅マイナスとなったものの、シェアが前年同月よりも1.7ポイントアップして52.5%となった。

2位はホンダで同29.9%減の3万0422台となった。日産自動車は同30.6%減の2万5373台と大幅マイナスだった。

マツダは同52.2%減の6095台とほぼ半減、三菱自動車も同48.7%減の2500台にとどまった。

スズキは同8.9%減の4450台だった。『レガシィ』や『フォレスター』の販売が好調だったスバルも同34.1%減の3138台と低迷した。レクサスは同44.5%減の2068台と落ち込んだ。ダイハツは同55.4%減の289台。

トラックブランドでは、三菱ふそうが同5.9%増の1883台と順調だった。また、日野は同7.6%減の1628台、いすゞが同11.5%減の2597台、UDトラックスが31.3%減の461台と、UDトラックスを除いて乗用車に比べればマイナス幅は小幅だった。

レガシィアウトバック スイフト フィットハイブリッド