菊池プレス工業が発表した2010年9月中間期の連結決算は、経常利益が前年同期比194.5%増の24億3700万円と、大幅増益となった。

円高による為替換算の影響はあったものの、国内、北米、中国などを中心にホンダ向けの車体部品の売上げが増加し、売上高は同17.6%増の281億5600万円と増収だった。

営業利益は同155.4%増の23億6900万円。当期純利益は同240.3%増の13億5700万円だった。