エコカーの代表格、ハイブリッド車のプリウス

日本自動車工業会は、9月のエコカー減税対象モデルの販売台数を発表した。

9月にエコカー減税で自動車重量税・自動車取得税が減免税となった登録車・軽自動車の販売台数は33万7923台で、新車全体に占める割合は77.5%だった。前月よりも3.6ポイントダウンした。

9月7日でエコカー補助金の申請が打ち切りとなり、エコカー購入の特典が減ったことから、エコカー減税モデルの需要も前月よりも落ちた模様だ。

このうち、免税対象は4万1721台、75%減税が17万7764台、50%減税が11万8438台だった。

一方、9月のエコカー減税対象の重量車は8536台で、販売全体に占める割合は65.9%と、前月よりも8.9ポイントアップした。9月からポスト新長期規制適合モデルしか登録できなくなったことから、エコカー減税対象モデルの販売比率が上がった模様だ。

インサイトとCR-Z