MJ-VXR

ヤマハ発動機は、マリンジェットの2011年ニューモデル『MJ-VXS』と『MJ-VXR』を開発し、12月1日から発売する。

MJ-VXS、MJ-VXRは、軽快なハンドリングが特長の「VX」シリーズの船型に軽量素材「ナノエクセル」を採用し、クラストップの軽量を実現した。レスポンス性の良い4ストローク直列4気筒、1812ccのパワーユニットとの組み合わせで、スピード性能と加速性能を高次元で発揮する。

ハイパフォーマンスモデルながら操作性も良くて、初心者からベテランまで軽快なライディングを楽しむことができるとしている。特にMJ-VXRには、2トーンステップアップシートやリボーディングステップ、デュアルカップホルダーなどを標準採用し、装備を充実した。

環境対応では、世界でもっとも厳しい米国カリフォルニア州大気資源局(CARB)の最高基準値(スリースター)に適合している。

国内での販売計画は初年度2機種合計で150隻。価格はMJ-VXSが171万1605円。

MJ-VXS