ハイブリッドカーラインナップ

ホンダは29日、2011年3月期の通期業績予想を上方修正して発表した。前回7月時点の予想より営業利益は500億円多い5000億円、純利益は450億円増額の5000億円とした。

円高による減益幅は拡大するものの、アジア地域での2輪車販売の拡大や北米4輪車のモデルミックスの改善などによる。

為替レートは下期を1ドル=80円、1ユーロ=110円に修正し、通期では1ドル=84円、1ユーロ=113円を前提とした。営業損益段階での為替変動による減益は1620億円を見込んでおり、7月時点より370億円拡大した。

近藤広一副社長は「下期の円高による影響は(営業損益段階で)850億円にのぼる。国内販売も上期比で減少するので数百億円の減益要因になる」と説明した。

一方で「今年の下期は不確定要因が多い。読みづらいので慎重には見ている」とも述べ、為替動向などによっては、今回予想より上ぶれする可能性も示唆した。

近藤広一副社長(資料画像)