コンセプトカーのシナリ

マツダは2011年3月期の通期連結業績予想で、円高の進行による為替差損などから営業利益を従来予想よりも50億円引き下げて250億円に下方修正した。

国内外で新車売上げ台数が予想以上好調に推移しており、通期のグローバル販売台数は前回予想よりも5万台増の132万台に上方修正した。このため、売上高も300億円増の2兆3000億円に上方修正した。

為替レートは下半期だけで1ドル=82円、1ユーロ=115円に修正、営業利益は下方修正した。

経常利益は為替予約やコスト削減効果などで290億円を予想していたが、360億円に上方修正した。最終利益も前回予想よりも10億円増となる60億円となる見込み。

SKYACTIV-Gエンジン