29日発表の総務省労働力調査によると、9月の完全失業率(季節調整値)は5.0%。前月と比較して0.1ポイント小幅に改善した。

また、厚生労働省が発表した9月の有効求人倍率(季節調整値)は0.55倍。こちらも0.01ポイント上昇した。

求人倍率は5か月連続で上昇し、9月の完全失業者数は340万人。前年同月比で23万人減少した。

女性を中心に医療・福祉などで就業者は増えたが、企業は依然として新規採用を手控える傾向にある。

同日の閣議では「失業率、雇用情勢は依然厳しい状況にある」という見解が示された。

都道府県別の有効求人倍率は(季節調整値)では沖縄県の0.33倍が最低。最高は福井県の0.86倍だった。