25日午前7時50分ごろ、岡山県倉敷市内の国道430号で、自転車で道路横断していた83歳の男性がクルマにひき逃げされる事故が起きた。男性は頭部強打の重傷。警察は後に26歳の男をひき逃げ容疑で逮捕している。

岡山県警・水島署によると、自転車は信号機や横断歩道の無い場所で横断を開始。直後に進行してきた乗用車と衝突した。

自転車は弾き飛ばされるようにして転倒。乗っていた83歳の男性は路上に投げ出された際に頭部を強打する重傷を負い、近くの病院に収容されている。

クルマはそのまま逃走したが、警察では目撃情報や現場採取の破片から車種を早期に特定。現場周辺での車当たり捜査を行った結果、市内の駐車場で衝突痕のあるクルマを発見。現場近くに住む26歳の男が所有していることが判明し、この男から任意で事情を聞いていたところ、容疑を大筋で認めたことから、自動車運転過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

現場は倉敷市東塚付近で、片側2車線の直線区間。調べに対して男は「怖くなって逃げた」などと供述しているようだ。