オートバックスセブンは、2010年9月中間期の業績見通しを修正した。

売上高は従来予想よりも40億円増となる1150億円。エコカー補助金で新車市場が好調だった影響で新車用のカー用品の販売が伸びたほか、タイヤの販売も堅調に推移した。

収益では、営業利益は42億円を予想していたが41億円、経常利益は52億円を予想していたが44億円にそれぞれ下方修正した。為替差損の増加が主因。

当期純利益は子会社の早期希望退職者制度の特別退職金を計上、22億円を予想していたが18億円にとどまった。