サウジアラムコが計画するノースパーク・プロジェクトのイメージ

昭和シェル石油の太陽光発電事業会社のソーラーフロンティアは、サウジアラビア国営石油会社のサウジアラムコに対し10MW(メガワット)のCIS薄膜太陽電池モジュールを供給することで合意した。

サウジアラビアのダーラン市にあるサウジアラムコのオフィス複合施設「ノースパーク・コンプレックス」に電力を供給するため、敷地内の駐車場の屋根上にCIS薄膜太陽電池モジュールを設置する。2011年末に完成する予定で、完成すれば太陽電池が設置された駐車場として世界最大規模となる見込み。

供給する太陽電池モジュールは、車両4450台収容の駐車場(16〜18ヘクタール)の屋根上に設置し、発電した電力は敷地内のオフィスビルで日中に使用される全ての電力量を賄うことができる。発電電力量は一般家庭6000戸分の電力に相当する。

サウジアラビアは、1日あたりの日照時間が12時間と長く、エネルギー量で1平方mあたり7kWhで、スペインを上回る。