プリウスPHV

トヨタ自動車と中国の自動車研究機関「中国汽車技術研究中心」(CATARC)は28日、プラグインハイブリッド車『プリウスPHV』の共同実証実験を天津市で実施することで合意したと発表した。

同日行われた式典では、天津市王治平副市長の立会いのもと、CATARC李洧主任助理、トヨタの佐々木昭専務らが出席し、合意書に調印した。

実証実験は、中国でのプリウスPHVの適応性や有用性を把握することを目的とし、2010年内に開始する。具体的には現地の自動車ユーザーから評価者を選出し、プリウスPHVを貸与、評価者は通勤などの生活の中でプリウスPHVを使用し、使い勝手の評価をする。CATARCとトヨタは、燃費や充電速度、EV走行距離などを測定し、そのデータを解析、評価をする。

式典に参加したトヨタ内山田竹志副社長は「私たちが自動車の“脱石油”を進める上で、どの1次エネルギーからでも作ることができる電気は非常に有望であると考えており、中国で推進されている電動化政策の方針に一致する」と語った。

プリウスPHVは、家庭用電源からの充電を可能とし、電池容量を増やすことにより、EV走行距離を拡大したモデル。トヨタはこれまでに日本を始め、米国ボルダー、欧州のストラスブール等各地で実証実験を実施しており、2012年初めまでにプリウスPHVの市販開始を目指している。

プリウスPHV プリウスPHV