DB5(1964年式)ボンドカー

映画『007』シリーズで、「ボンドカー」として活躍した1964年式アストンマーチン『DB5』。27日、英国で開催されたオークションに出品され、290万ポンド(約3億7400万円)で落札された。

このボンドカーは、1964年式アストンマーチン『DB5』をベースに、アストンマーチンが特別製作したモデル。機関銃、可変ナンバープレート(フランス/イギリス/スイス)、脱着式ルーフ、攻撃用バンパーガード、オイル散布装置、煙幕、無線電話など、ボンドカーならではの数々の秘密兵器が組み込まれている。

DB5は映画『007』シリーズにおいて、第3作『007ゴールドフィンガー』(1964年)と、第4作『007サンダーボール作戦』(1965年)で大活躍。オークションに出品されるDB5が本物のボンドカーであることから、高値が付くと予想されていた。

27日、英国ロンドンで開かれたRMオークションで、このボンドカーは290万ポンド(約3億7400万円)で落札。主催者によると、競り落としたのは米国のビジネスマンということだ。

DB5(1964年式)ボンドカー