日野自動車は、2011年3月通期の連結業績見通しを、前回の見通しに比べ増収減益に修正した。売上高は、トヨタ自動車からの受託生産車の増加、トラック・バスの海外市場での販売が予想以上に伸びたため増加するが、利益面は円高などの影響で減少する見込み。

国内のトラック・バスの売上げ台数は、前回予想よりも1300台増の2万8000台、海外のトラック・バス売上げ台数は7000台増の7万8000台となる見通し。トヨタからの受託生産車も2万4000台増の16万2000台となる見込み。

このため、売上高は前回予想よりも800億円増となる1兆2000億円と上方修正。一方、利益面は営業利益こそ250億円と据え置いたが、経常利益は10億円下方修正して200億円、最終利益が30億円下方修正して80億円とした。。円高や税金費用の増加が影響した。