ユタカ技研は、為替の円高ドル安の進行への対応や生産体質を強化するため、国内生産を再編する。

同社は現在、浜松市に2つある製作所のうち、主に4輪駆動系部品の生産拠点である豊製作所(浜松市東区豊町)に、主に2輪・汎用部品の生産拠点である高丘製作所(浜松市中区高丘東)を集約する。高丘製作所は閉鎖を検討する。

今回の再編で従業員も異動するが、ユタカ全体で雇用は確保するとしている。

国内自動車需要の大きな成長が見込めない中、円高ドル安の進行もあって、国内生産の利益率の悪化は避けらない見通し。このため、同社は国内の生産能力を削減、スリム化して収益体質を強化する構え。円高で今後も部品メーカーでこうした動きは加速する可能性がある。