マーチ

日産自動車は28日、『ノート』『ティーダ』『ティーダラティオ』『キューブ』『マーチ』『セレナ』『ラフェスタ』『ウィングロード』『ブルーバードシルフィ』計9車種のリレーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2003年10月29日〜2006年7月18日に製作された83万4759台。

エンジン制御用電源リレーで、リレーに内蔵されているダイオードの製造方法が不適切なため、導通不良となり、エンジン始動不良や走行中にエンストするおそれがある。

全車両、リレーを対策品と交換する。

不具合発生件数は58件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。

計9車種の改善箇所