電気自動車のF3DM

中国のBYDオート(比亜迪汽車)は26日、今年第3四半期(7〜9月)の決算を公表した。純利益は前年同期比99%マイナスと、大幅な減益となった。

同社の発表によると、売上高は102億6000万元(約1250億円)となり、前年同期比は0.3%増とわずかに増加。しかし、純利益は1182万元(約1億4400万円)にとどまり、前年同期の11億6000万元(約140億円)から、約99%も減少した。これは、中国国内における新車販売が低迷した影響だ。

BYDオートは中国最大の電池メーカー、BYDの子会社。BYDは、米著名資産家のウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイの出資を受けていることで知られる。

e6