IHIは、関係会社のIHIエスキューブが環境対策製品である漏油検知器「オイルリークモニタ」の新機種として軽油、灯油、ジェット燃料の検知に対応した「高感度型無水防爆センサ」を開発、販売を開始した。

漏油検知器のオイルリークモニターは、センサに光ファイバーを利用したIHIエスキューブ独自開発の製品で、機械や燃料配管などからの微量の油も最速12秒の高速で検知する。

今回、新たに開発した高感度型無水防爆センサは、従来の製品では、検知が困難だった灯油、軽油、ジェット燃料に対して、微量でも高速で検知が可能。小型化したことで、自家発電設備の燃料監視など狭小なスペースにも容易に取付けることが可能。

新開発製品は、オフィスや研究機関、病院などの自家発電設備の配管や、空港内の燃料給油配管、貯蔵燃料タンクなどの監視に役立つとしている。