RVR

三菱自動車は、2011年3月期の通期連結業績見通しについて前回予想を据え置いた。

通期の新車販売台数は、国内販売がエコカー補助金制度終了による反動減で急激に落ち込むほか、米国市場の回復の遅れがあるものの、中国などアジアでの販売が想定以上で推移していることから、期初計画と比べて3000台増の112万4000台に修正した。

円高ドル安の進行で通期業績見通しの修正が注目されたものの、上期の実績や下期の変動要因、対策などを織り込んだ結果、見通しを据え置くことにした。売上高は1兆9000億円、営業利益が450億円、経常利益が300億円、当期純利益が150億円となる見込み。

ASX