ミツバは、2011年3月期の通期連結決算業績見通しを上方修正した。

売上高は1880億円を予想していたが2070億円となる見通し。上半期に国内のエコカー補助金制度で需要が好調だったのに加え、アジア新興国が大幅に伸び、北米向けも回復したため。

損益では、下半期の反動減や円高などの減益要因が見込まれるものの、上半期までの増収効果に加え、事業構造改革によるコスト削減効果などから、営業利益は55億円から77億円に、経常利益は48億円から70億円にそれぞれ上方修正した。

最終利益は18億円を予想していたが14億円増となる32億円となる見通し。