J.D.パワーアジア・パシフィックは、大型トラック顧客満足度調査の結果を発表した。

調査は、全国のトラック貨物輸送事業者(緑ナンバー)の経営者を含む車両購入決定権者を対象に、各事業者が保有する大型トラックのメーカーに対する総合的な顧客満足度を調べたもの。6回目となる今回は7月から8月にかけて郵送調査を実施し2149事業者から回答を得た。1事業者につき最大2メーカーまで評価してもらうため、実際の回答は3348件となっている。

顧客満足度の調査では主に「アフターサービス」、「営業対応」、「コスト」、「商品」の4項目で評価してもらった。

ブランド別総合満足度ランキングでは、対象となった4ブランドのうち、日野自動車がトップとなった。日野はアフターサービス、営業対応、商品が最も高い評価となった。2位はいすゞ自動車で、三菱ふそう、UDトラックスが同率3位だった。