茨城県桜川市内にある消防団の保管庫に侵入し、消防ポンプ車を盗み出したとして、茨城県警は24日、同市内に在住する46歳の男を窃盗容疑で逮捕した。容疑を大筋で認めているという。

茨城県警・桜川署によると、24日の午前1時ごろ、筑西市新治付近の市道で、エンジンと車内のラジオが掛けっぱなしの消防ポンプ車が無人のまま放置されているのを近隣住人が発見。警察に届け出た。

発見された消防ポンプ車はナンバーなどから桜川市消防団のものと判明。保管されていた桜川市長方付近にある小屋から盗まれていたことがわかった。

小屋の近くでは乗り捨てられた自転車が発見されており、警察ではこの自転車を所有する同市内に在住する46歳の男から任意で事情を聞いていたところ、「かっこいいから乗り回したかった」と容疑を大筋で認めたことから、同日午前に窃盗容疑で逮捕した。

逮捕時、男は酒に酔った状態。供述などから、消防車を盗み出した時点でも酒気帯びだった可能性が高いとみられる。消防車は緊急時に素早く発進できるよう、カギは付けっぱなしの状態で駐車されており、保管庫も施錠されていなかった。